「好き」を発信する

オタクのブログ

自己紹介

【自己紹介】

はじめまして。
本日からブログをつけていこうと思います。
おただのというものです。
正確な歳は伏せますが、20代の男です。

 

趣味は、ゲーム・アニメ・映画鑑賞などで

このブログには、

・アニメや漫画、ライトノベル、映画などの感想
・上記に関係するニュース
・オタ活のためのライフハック

などを中心に書いて行こうと思っています。
従って、読者としては

・他人の書いたアニメの感想が読みたい方
・アニメや漫画などの情報を探している方
・効率良くオタ活を楽しみたい方

と言った方々を想定し、楽しんで頂ける記事を書いていきます。
もしよろしければ読者登録等々お願いします。

ただし、今の所は所謂ニュースサイトとしてではなく、私自身が楽しめる趣味の延長としてできるだけ長いスパンで運営していきたいと考えておりますので今後の動向次第では、上記に含まれない内容の記事をあげることがあるかもしれません。

その点は予めご了承下さい。

 

さて、ここで終わってもいいのですが、長文がかけるということがブログのメリットですし、短文で終わるのは少し寂しいので、自己紹介の代わりに、自分が今回ブログという発信形式をとることになった切っ掛けについて語らせてください。

自分がブログを始めようと思った切っ掛けは、私が中学生のころのある出来事にあります。その日は、深夜にテレビで偶々観て以来ずっと続きが気になって毎週見続けていた某アニメの最終回が放送される日でした。

眠気に抗ってなんとかリアルタイムで最終回をみた私は、その余韻に浸りながらもあることが気になりました。そのアニメの抽象的なシーンの解釈が気になり、自分なりに答えは持っているものの、これをみた他の人はどう解釈したのだろうということがどうしても頭から離れなかったのです。


それを知るために私はインターネットの集合知に頼ることにしたのですが、
いざGoogleの検索バーにそのアニメのタイトルを打ち込んで検索をかけた私は思わず驚いてしまいました。
検索結果には、予想を超える数のブログが表示され、多くの人が自分なりの解釈でそこに記事を書いていたからです。
その中には、自分では気づかなかった斬新な切り口の論評もあれば、逆に首を傾げてしまう内容の記事もありましたが、それはともかく、世の中にはこれだけの熱量を持って好きなものについて語る人が多くいるのだと知って興奮し、自分もいつか情報の受け手から送り手になりたいと思うようになったというわけです。

あの夜からもう随分と長い時間が過ぎてしまいました。
それ以来、私は玉と石が混じりあった深夜アニメを観続け、時に興奮し、時に落胆してきました。何度も『もうアニメや漫画をみたり読んだりするのはやめよう。そんなことをしている時間は無駄なのだ』と自分に言い聞かせ、オタクをやめようとしました。
しかし結局はやめられず、また嵌ってしまうのです。

昨今はクールジャパンなどの潮流も手伝い、アニメや漫画が文化として再評価される傾向にあります。
ですが、それを愛する多くの人はすべてのアニメや漫画が優れているわけではないことを知っています。

それにも関わらず、とんでもない駄作かもしれない目の前のコンテンツを消費するために時間とお金をかけてしまうのは
いつか自分の人格にさえも強い影響を及ぼすような珠玉の作品を探しているからでしょう。
過去にアニメを見たときに感じた「好き」という感情が忘れられないのです。
「好き」という気持ちは人間の意思決定において、恐らくは最も強い感情なのだからそれは当然でしょう。

アルコールが好きな人はお酒を飲みます。依存症になって身体を壊しても尚飲み続けてしまう人もいる程です。
勿論、依存症は良くありません。しかし適量であれば、日々の雑事を紛らわし、時には予期しないコミュニケーションの活路さえも開いてくれる良薬にもなり得るのです。

私はお酒も好きですが、アニメや漫画、ライトノベルも好きです。
そしてその「好き」の気持ちを発信したいのです。
お酒が好きな人が地酒や銘酒の話をするように、好きなコンテンツの感想を言ったり、関連商品を紹介したいのです。

私がブログを始めようと思ったのは、詰まる所、これが理由です。
従ってこのブログでは「好き」を発信することはあっても「嫌い」を発信することはあまりないと思って下さい。
批評や論評は必要なことですし、ネガティブな感情に基づいて書かれた記事は時に人を魅了しますが、私が伝えたいのはあくまで「好き」という気持ちだからです。

だからこのブログのテーマを一言で表すなら

「好き」を発信する

となります。

それではよろしくお願いします!